中学スタートダッシュコース開講

新中学1年生のスタートダッシュコースを1月20日~開講いたします。小学校の学習内容は、中学校の学習内容の基礎になります。抜け漏れをなくし、中学校でスタートダッシュを切ろう!

中学校に入る前に4つの準備が必要です。

今から準備をすることで、

  • 中学校3年間の勉強が楽になる
  • 学年上位を狙える
  • 苦手教科を得意教科に変えられる
  • 効率的な勉強が身につけられる
  • 学習習慣が身につけられる
1.小学校の総復習

小学校の教科書は6年分約4800※ページあります。すべてを総復習することできません。そのため、中学校でも影響する重要単元を抽出。一人一人異なる重要単元の苦手分野及び抜け漏れを効率的に克服をしていきます。※平成30年4月文部科学省「教科書目録」(小学1年~6年)より「国語」「算数」「理科」「社会」各社平均ページの合計

2.中学校ならではの考え方の習得

小学校では得意教科だったものが、中学校になって「点数が取れない」ケースも多々あります。算数から数学に代わり、答えだけではなく、プロセスを書かせる問題増加、英語では会話だけでなく文法増加。国語では精読する力が必要になります。

3.すきま時間の時間の活用

中学校になると、授業時間が長くなり、また部活も本格的に始まることで、勉強する時間を確保することが難しくなります。宿題+理解不十分な分野+予習を効率的に学習をし続ける必要があります。

4.中学校の先取り学習

中学1年生の最初のテストは、中学3年間に影響すると言われます。算数から数学へ変わり、計算力・思考力が要求され、英語も会話から文法分野が大幅に増えます。今から始めることで、苦手教科は、得意教科にしていくことも可能になります。

次の記事

成績が上がらない理由